Googleさん、勘弁してください

この記事は4分で読めます

先週は、考えさせられる出来事があったので、
みなさんともシェアさせてくださいな。

それは、日経新聞に8月19日から3日間にわたって
掲載された特集記事です。
読まれた方も多いんじゃないかな?

日経が連載してる「革新力」の第4部で、
Googleの強さの秘密と課題について大特集されました。

毎日1面にドカーンと記事が、さらに紙面の中にも特集として、
かなり突っ込んだ内容の取材記事が3日連続で載りました。

初日は、8面が全面での特集記事で、
「Google たった10年で世界を一変!」
という内容でした。

うん、確かに10年で、変えよった・・・

初日の1面がショッキングだったなぁ。

タイトルが、

「検索がなくなる日 (Googleは)あなたの心も読める」

です(@_@;)

勝手に心を読んで欲しくないんですが(゜д゜)!

どういうことかというと、まず、
Googleに、自分の趣味や、場所や、予定や、
やりたいこと、好きなこと、その他なんでも。
まあ、わかるようにしといてやる訳です。

すると、Googleの人工知能(以下:AI)が、
私たちが検索する前に、人の心を先読みして、
知りたい(であろう)ことを、検索する前に教えてくれるんだって!
あの、メガネのコンピュータとかで。

プライバシーと利便性とをトレードオフするわけですな。

はあ、そうですか?
でも、それってどうよ?ということです。

Googleは、ご存じのとおり、世界中のすべての情報を、
我が物としようとしてますよね。

我々がせっせと書いてるブログも、彼らに情報として、
すべて提供してるわけです。

それで、情報を集め倒した挙句には、
「俺たちGoogleが、それの提供者になるよ」
ということですわ。

このメルマガを読んでくれている方は、
ブロガーさんが多いと思うんだけど、
ブログって、たくさん検索してもらってナンボ、
の世界ですよね。

そういう世界はなくなりますよ、
ということを、暗に(いや、はっきりと?)
示されたみたいで、それでショックだったわけです。

特集記事を全部読むとよくわかるんだけど、
Googleは、コンピューティングの未来は、
AIをどこまで進化させられるか?
と考え、AIの進化に全力で取り組んでるのよね。

この進化のために利用されてるのが「検索エンジン」とか、
スマホなんかで提供される様々なサービスとか、
なんですね。

だから、進化と共に、どんどんとそのあり方が
変わるということでしょうね。
彼らに都合よく。。。

そういう時代の大きな過渡期のなかで、
私たちは、「今の」ネットビジネスをやってるということを、
知っておいたほうがいいと思います。

そもそも、すでに今もGoogleのやり方、
えげつないですよね?

私なんぞは、長年「今までの社会」で過ごしてきたので、
開いた口がふさがらんこと、枚挙にいとまがないです。

たとえば、
ここ2、3日も、すごい順位の変動やってるみたいだし。

検索順位のアルゴリズムが、ちょいと変わるだけで、
収益に直結するPV(検索数)が大幅にダウンする人が、
少なからず出てきます。

普通の会社だったら、
たとえ会社の業績が悪くても、突然社員の給料を10%以上も
カットしたら、たいへんな労働争議になりますよ。

それをですね、
世界3位の時価総額(40兆円)を持ち、
6兆円の手元資金(日本トップのトヨタの1.5倍)を持つ、
「稼ぎの権化」のようなGoogleが、平然とやるわけです。

それも、

・何の予告もなく
・何の明確な説明もしてくれず
・何の金銭上の保障もせず

です。

とてつもなく、殺生な話ですよね。

でも相手がこれまでの企業とは、
全く本質の違うバケモノなので、
誰も文句を言えません。

そうして庶民の犠牲のもとに?
世界が変わっていってるのですね(T_T)/~~~

Googleの収益の柱は、
アドワーズとアドセンスだそうです。
これは、今後も続くだろうと。

トレンドアフィリエーターやブロガーのみなさんは、
アドセンスで収益を得てるわけですが、
これも媒体が大きく変わっていきそうです。

すでに、パソコンからスマホに過半が移行しましたよね。

これが、どうやらウェアブルコンピュータや、
自動運転の車や、AI家電なんかにシフトしていきそうな
気配を、臭わせてくれてます。

それに伴い、当たり前ですが、収益を得る人(or会社)の構造や、
そのやり方も大きく変わるんでしょうね。

はあ~、どうなることやら。

パラダイムシフトの渦中の私たち、面白いね。
いや、大変だね。

この日経特集の最後は、Googleの将来について、
疑問を投げかけた形で締めくくられてます。

すべての情報を手中に収めることは、正義か?邪悪か?
ここが論じられてます。

ところで、
Googleの社是、知ってます?
「Don’t be evil」(邪悪になるな)なんだって。

今やGoogleはIT業界だけでなく、NASAや、
米国防総省なんかとも深い関係なんだと。

すなわち、世界の未来の命運は、Googleの考え方ひとつで
ものすごく大きな影響を受ける。

Googleが邪悪に動けば、それは人類の歴史にたいへんな汚点を残す。
これを彼らも認識しているからこそ、この社是なんですね。

ちょっとお高くないかい?
高いよね。

だから、欧州を筆頭に、このGoogle一党独裁体制に、
疑念を持ち、不満をくすぶらせてる人も多いと。

それが爆発したら、一気に体制が崩れ去るかも・・・
そういう課題が示されて終わってました。

以上が、新聞から考えさせられたことなんですが、
あなたのビジネスの参考になれば幸いです。

で、
さてさて、
私たち庶民の民草はどうしたものか?

思うに、
今から、悩んでもしょうがないです。
目の前の確実な一歩を進めていくしかないですね。

Googleは、大きな話もしてるけど、
私たちサイト運営者を相手に、現実的な話もしてくれてます。
(この内容は、PRIDEコミュニティでも発信してます)

ひたすら、それに恭順の姿勢を示して、
頑張ろうではないですか!

でも、少し先の展望を考える余裕があるなら、
やっぱり、リスクの分散はやっておいたほうが
いいでしょうね。

ブロガーならば、第2ブログ、第3ブログと増やしたいところですが、
これは、一蓮托生になる可能性もありますね。

なので、たとえば、

ブログと、PPCと、せどりにするとか、
ブログと、輸入ビジネスと、Youtubeにするとか、

そういうチャレンジも必要になるかも、ですね。

私は、ブログと年金と新聞配達にしようかな(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。