ネットビジネス この1年を振り返ってみる

この記事は2分で読めます

7月になりましたね。
去年の今頃、どうされてました?

私は、発狂してました。
ワードプレスとアドセンス審査との戦いで(笑)
もう、はっきりと再現できるほど、
なまなましく、リアルな記憶です。

こういうこと、久しぶりなんですよ。
エキサイティングに1年を振り返れるのは。

ということで、ちょっとこの1年を簡単に
振り返ってみて、所思うところを書いてみます。

サラリーマンの時はね、
だいたい、1年の大きな流れがあって、
去年は何してたか?くらいは見当がつきます。

じゃあ、何考えてたか?となると、
さあ?なんだっけな?
程度の繰り返しでした。

年齢を重ねるごとに、どんどんと
1年の長さが短くなってきてて、
何をしたのか、してないのか、よく分からんうちに
歳だけ取ってきてたんですよね。

そういう状態がずっと続いて、
いつかは死ぬんだと思ってました。

でもそうじゃなかった\(^o^)/

これほど、公私にわたって、
激しい変化の1年が、自分の身の上に
起こるとは、一昨年の段階では、
まったく予想すらできなかったです。

人生って、捨てたもんじゃないです。

動けば変わる。
何が起こるか、誰もわからない。
自分もわからない。

でも、とにかく道は作れる。
そういう、面白さがあるんですね。
今更ながらですが。

私も今は、
ネットビジネスという、新しいやりがいに、
どっぷりと浸かってるんだけど、
この業界は、歴史が浅いので、
倫理的には、まだ、そうとう野蛮です(苦笑)

だから、そこにチャンスがあるんですよ。
われわれ、シニア世代には。

まともじゃない輩が淘汰されて、
まともな人が生き残っていくのは、
古今東西、人間社会の常識ですもんね。

「でも、すごく変化が早いから、シニアは、
ついていくのがたいへんでしょ?」

私も初めは、そう思ってました。
確かにこれは一利ある。

でもね、それも杞憂だったわ。

なぜかというと、
変化が、ものすごく早いおかげで、
過去のことは、一瞬で陳腐化するのよね。
陳腐化どころか、評価が真逆になったりする。

だから、すぐに大半のことは忘れていい。

会社の業務のように、大事に記録したり、
ファイリングしたりしなくて、
全然こまりません。

最悪、過去のことでひっかかったら、
ググればいいだけのことだし。

ありがたいことに、
新しく出てきたものだけをウォッチしてたら、
見当外れなことにはならないんですよね。

新しいものを自分で作るのは、
とんでもなく大変だけど、
人が作ってくれたものを、
ウォッチするだけなら、
それほど大変じゃないよ。

で、その波に最先端から、1、2歩、
遅れてついていって、だいじょうぶ。

大事なことは、そこに、
社会人としての「普通の感覚」を
見失しなわないようにすることです。

そうすると、普通に努力は報われる。
そういう印象を持ってます。

ここで言う、「普通」って、
ほんとに普通なのよ。
普通に、親から教わったことです。

例えば、

嘘をつかない、とか、
信頼を裏切らない、とか、
人のものをパクらない、とか、
人の弱みに付け込まない、とか、
人に嫌がられることはしない、とか、
とんづらしない、とか(笑)

もう、そういうレベルですわ(苦笑)

言い換えれば、上の項目の反対のことを
やればいいんですね。
それも普通。

これから、
その「普通の感覚」がもっと加速しそうですよ。
ので、普通の人にもたくさんチャンスがある。

さらにありがたいのは、
技術がどんどん進化して、ネットの
専門知識が無くても、普通に参入できるように
なってきてます。

時代の大きな転換期の真っ只中ですね。
この転換期に、ネットビジネスに興味があるだけで、
最先端だとおもいます。

間口がまだあまり広くない今のうちに、
力を付けておけば、先行者利益は大きいです。

初めがちょっとしんどいんだけどね。
そこだけ乗り切りましょう。

以上、ざっぱくでしたが、
私的に、この1年を振り返ってみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。