楽して驚異的なアクセスを集める方法

この記事は6分で読めます

今日は、怪しいネット起業家さん並みの、
挑発的な件名を付けてみました(笑)

では、
「その秘密の方法を、あなただけに教えます・・・」

うおー、怪しさ全開ですね!

でも実は、
怪しくともなんともないことを書きます。
最後まで読んでもらうと、わかりま~す。

この方法は、特に、
シニア世代には効果絶大の方法なので、
頑張って読んでくださいね。

ちょっと長くなると思うけど。

では、いつも通り、いきなり核心いきます。

「11か月先の、ミドルレンジキーワードで
記事を書いてください!」

この一言にすべてが集約してます。

噛み砕いて説明します。

トレンドアフィリエイトで、
チャチャッと成功するのに、
絶対に外せないこと。

それは、

「圧倒的にアクセス母数があるキーワードで書いた記事が、
自分のブログ内に、適度な割合を占めていること」

です。

この「圧倒的なアクセス母数がある」という
典型的な記事例が、

・夏の花火大会とか、
・大きなお祭りとか、
・冬のイルミネーションとか、
・クリスマスとか、
・初詣情報とか、

そういう感じのものです。

国民みんなの関心事、
というと分かりやすいですね。

ここでは、とりあえず、
それを「イベント」と呼びますね。

少しローカルなものも加えれば、
年がら年中、全国のどこかで、
この手のイベントは、開催されています。

こういうイベントは、
その開催日の1か月前あたりから、
爆発的に関連キーワードが検索され始めます。

「ば!く!は!つ!」

まさに、この言葉とおりの破壊力です。

そこにドンピシャで、
記事をインデックスさせておこうとすると、
イベント開催時からさかのぼって、3~4か月前には、
記事を仕込んでおかなくてはなりません。

長いスパンで検索されるキーワードではなく、
少し先の、期間限定でアクセスのあるキーワードで
記事を書くことから、

これらは、
ミドルレンジキーワード戦略
と呼ばれています。

記事が爆発すれば、その時の収益だけでなく、
ブログの底が上がり、将来にわたって多大なメリットを
もたらしてくれるため、
誰もが一度は当てたい重要戦略です。

だから、みんな、
3~4か月先のイベントを必死でリサーチして、
記事として、まとめ上げていくわけです。

これは、正しい。絶対正しい。
でも、ひとつ難点がある。

「もし、自分がそれに通暁していればいいが、
そうでないなら、激戦区で戦うのは、
めちゃめちゃしんどい」

ということです。

ましてや、

あまり関心がなかったイベントであったり、
行ったことがない場所であったり、

すれば、もう大変です。

無理に、想像の翼を広げ過ぎると、
必ず、どこかで破綻するしね。

なので、この大変な作業は、
馬力のある、若い人に任せましょう♪

もうおわかりですね?

シニアは、そのイベントに関する記事を、
体験してから書くといいのです。

具体例でいってみましょう。

もうすぐ、各地で花火大会ありますよね?
行くのです、こういうイベントに。

ただし、何も準備せずに、
ボーっと行ってはダメです。

事前に、徹底的に、そのイベントに関連して
検索されるキーワードを調べて、
メモに書きだしてから行くのです。

Yahoo知恵袋や教えてGooも、目を通して、
お悩みや、質問を書きだしておきます。

徹底的にキーワードと、お悩みを押さえてから行く!

これが絶対条件です。

この状態で、記事を書くことを前提として、
イベントに行って、その体験をしてみます。

すると、今まで見えてなかったことが、
次々と見えてきます。

イベントの由来や歴史なども見えてきて、
自分自身も深く楽しめるんです。

かつ、多くの人が気にしていること、

例えば、

・駐車場はあるのか?
・○○駅の混雑はどうか?
・人の流れはどうか?
・どんな露店がでてるのか?
・△△地点で見えるか?
・穴場はどこか?

などについて、
事前に知って行ってるわけですから、
こういうところに行きあわせたら、
写真を撮りまくるんです。

ビラがあれば、もらって帰る。
係員がいれば、質問してみる。
記念グッズなどがあれば、買って帰る。

こういことを楽しんでやるのです。

無理して、
「お悩みを全部クリアしよう!」
なんて思わなくていいですよ。

あくまで、あなたが楽しめる範囲内で、
そこで起こっている「事実」を、
徹底して調べ、記録すればいいです。

自分が楽しんだ内容やルートを、
写真やスマホのGPS機能などをフルに使って、
トレースできるようにしておくのです。

花火などは、三脚を立てて、全部デジカメに
録画してしまいます。
あとで、いくらでも編集できるからね。

自分は、しっかり肉眼で見届けて、
自分が、一番いいと思った部分や、
感動した部分を覚えて帰るだけでいいです。

帰ってから、記憶が鮮明なうちに、
来年のこのイベントに行く人のために、
記事を書くのです。

どんなに丁寧に記事を書いても、
ひと月以内にできます。

だから、11か月先、ということですね。

この場合も、キーワードを押さえることは
絶対の必須条件ですよ。

ここをがっちり押さえて、それを軸にして、
あなただけの、完全オリジナル体験記事を作るのです。

これは楽です。
だって、旅日記書くだけだし。

そして、
唯一無二のスーパーオリジナル記事です。

これが強いんですよ。

よくね、あるイベントで検索してると、
個人の日記ブログが検索上位で、出てきません?

もう、
ホントに個人の日記で、無料ブログとかでやってて、
アドセンスや、アフィリリンクもなくて、
日付も古かったりするのに、ドカーンと上位にいる。

あれは、そのイベントに関する事実を、確実に、
そして、オリジナリティをもって伝えているところに、
人々が集まってるってことですよ。

それをGoogle大先生も評価してるわけです。

そこに、ちゃんとビッグキーワードを押さえて、
お悩みも解決できるような、
超オリジナル「体験記事」がくると・・・

負けるわけないです。

さらにいいのはね、
自分で行って感動したことを書くと、
文章がガラッと変わります。

例えば、
これからだったら、
冬のイルミネーションの記事とかが、
「頃合い」ですよね。

夏に、汗をダラダラかきながら書くと、
どうしても臨場感は出せないです。

「トアロードは、とても寒いので
風邪をひかないように、あたたかい格好でいきましょう」

これが行った後だと、

「トアロードは、六甲おろしが強烈に吹き降ろしてきて、
その寒さといったら、肌を突き刺す、を通り越して、
突き抜けるようでした。
私は、30分しか耳や手先が絶えれなくて、
思わず、近くのカフェに入ったほどです」

くらいには、かわるよ。

すると文章にチカラが出てくるのよね。

だから、押さえたキーワードで、徹底して、
深く詳しくリアルに掘り下げたら、
絶対にインデックス上位にあがってきます。

よしんば、
若い人のスーパーリサーチ記事に
順位で負けていたとしても、
気にすることはない。

記事を読んだ読者の信頼度は、間違いなく、
あなたの体験記事に軍配があがりますよ。

これはすなわち、
あなたという著者の信頼度が上がり、
イコール、
ブログそのものの信頼度が上がるということです。

これはGoogle大先生に好かれることに直結します。

こういうことをね、
春夏秋冬、全国各地に出向いてやったらどうなります?

2、3年もやれば、
少なくともこのミドルレンジだけで、
200記事くらいは書けるんじゃないでしょうか。

すると、どえらいことになるよ。

もう、
一生お金に困ることはなくなると思います。

少々、交通費がかかっても、たった1回でも、
記事を爆発させたら、取り返せるからね。

このやり方、
特に定年退職後の時間のあるシニアには、
ものすごく向いてる手法だと思うのですよ。

無理して3か月先を予測しなくても、
ゆっくりと11か月先でいいじゃないですか。

これをやると、

・自分の行きたい所に出向いて行けて、
・そこのイベントを楽しんで、
・ただ見るより、はるかに深く理解できて、
・心も身体もリフレッシュできて、
・記事も苦労することなく楽しくかけて、
・翌年以降は、毎年、それが大きな収益をもたらしてくれて、
・また、次のイベントにも行きたくなる

もう、隠居してるヒマなんてなくなります。

しかも、幸運なことに、
この11カ月先、すなわち翌年のためのミドルレンジ、
ということを意識して、濃い記事を書いている人、
まだほとんどいません。

大半は、「未来記事」で書かれてます。
だから、写真や動画も借り物ばかり。

勝てる試合ですよ。

やるなら、早いほどいいです。

実はね、
私、これに去年の秋に気が付いた。

で、
イルミネーションや、初詣や、厄除けお参りや、
そのあたりのビッグイベントに出向いて、
写真や動画を撮りまくって、
全部記事にしました。

できるだけ不変の、
毎年使える内容にフォーカスして
記事を書くようにしました。

2014年限定、ってのは避けとくわけです。

さらにキーワードを少しずらして、
自転車で行くとこう、バイクで行くとこう、
みたいに、独自の視点も入れてみた。

ちなみに、
初詣なんか、いつもは1回しか行かないのに、
今年は、3回(3か所)も行った(笑)

んまあ、
多少、下心はあったことは否めませんが、
ちゃんとお参りもして、いい気分でしたよ。

どれだけお賽銭をはずんでも、
たぶん、一瞬で取り返せるので、気前よくね!

これらの記事、今はアクセスはゼロに近いです。
でも、秋口からドカーンとくる自信があるのですよ。
だってもう、狙ったキーワードでインデックスされてるし。

だから、お正月は安泰ね♪

一度このやり方をマスターしたら、
季節限定のイベントでなくても、
ロングレンジものでも、手法としては通じます。

たとえば、
伊勢神宮とか、出雲大社とか、成田神社とか。
富士山とか、中央アルプスとか、お遍路さんとか。

全部、ビッグキーワードです。

シニアでこそやりやすいし、
勝てる方法だと確信してます。

以上、

「楽して驚異的なアクセスを集める方法」
という、怪しいタイトルについて、

「他の誰も気づいていないマル秘情報」
という怪しさ満載のサブコメント付きでお届けしました(笑)

でも、怪しくないんだってば。
やれば分かります。

このメールを読んだシニア世代はラッキーだ!
と自分では勝手に思ってます。

ではまた、ご意見ご質問あれば、
このメールに直接返信してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。