好きの次は楽しむ

この記事は3分で読めます

ブログやサイトを作るうえで、
自分の良さは、フルに発揮したいものです。

その自分の良さを発揮する方法として、
「まず、作業を好きになりましょう」
というのが、前回の内容でした。

今日は、その次のステップについて、
お話したいと思います。

それは、
「楽しんでやる」
です。

実力発揮の最大の切り札がコレです。

不思議なものでね、
どういう気持ちで記事を書いたのか?
これがにじみ出てしまう。

楽しんでかけた記事は、
あとで自分で読み返しても、明らかに
のびのびと書けてるんですよね。

苦しんで書いた記事と読み比べると、
同じ人が書いたとは思えない(笑)
どっちも自分やけど(・_・;)

当然、読者の方にも、それは分かります。
人間の能力って、すごいですからね。
すぐに分かる。

楽しく書くと、
文体とか、文法とか、結構いい加減に
なっちゃってるんですが、それが逆に
のびのび感を出してくれたりしてます。

人気のあるブロガーさんの記事を読むと、
例外なく、楽しんじゃってる雰囲気が
伝わってきません?

その楽しさに引き込まれて、
ついつい読んでしまいません?

少々の誤字や脱字があっても、
文章がいきいきしていると、
全然、気にならないですよね。

ここがひとつの到達点だと思います。

自分が楽しみながら書ききれた記事は、
読んでくれた方も、気分が良くなるみたいで、
明るいコメントが付くんですよ。

主張の強い記事内容の場合だと、

・ポジティブなコメントも、
・ネガティブなコメントも、

両方付くもんです。

そこに、書き手の「楽しさ」が感じられるか?否か?

これの有無によって、ずいぶんそのコメントの
内容が変わってくるんです。
楽しく書けてると、コメントもポジ寄りになる。

これ、実感です。

このような感じで書けた記事は、
最小限のキーワードさえ、ちゃんと押さえとけば、
時間はかかっても、必ず静かに離陸してくれてます。

だいたい、3か月くらいかなぁ。
忘れかけてる頃に、アクセスきてます。

だから、小さなこと、例えば

・キーワードの出現率とか、
・章立ての上手い下手とか、
・初動のクリック率とか、

気にしなくてもいいです。

楽しめる記事を、どれだけブログに投入できるか?
ここが、一番の考えどころだと思いますよ。

じゃあ、どうすればいいの?
ですよね。

ここはやっぱり、自分の情報発信の「軸」を
見つけていくしかないと思います。

軸のテーマは、
興味や、感心や、趣味や、特技や、
なんでもいいんですが、

・よく知っている、
・自分らしさが出せる、
・自分の考えがある、
・苦痛を感じない、

このあたりのことを基準に考えてみれば、
必ずひとつやふたつはあるはず。

人生、何十年もやっていれば、
無いはずはない。
ここに中高年・シニアの強みがあります。

それは、過去のことでもいいし、
今やってることでもいいし、
これからやろうとしていることでもいい。

これにキーワードを絡めて、発信する。
そして自分も楽しんでしまう。

すると、結果が付いてくるんですよね。

軸は、1本だけじゃなくてもいいです。
何本かやってみて、太くできそうなところを、
まず強化してみる。

「この程度の知識じゃ、あかんやろなぁ・・・」

と思ってたことでも、
とにかくまず書いてみること。
自分の言葉で。

すると、新たな発見があったりするし、
横に広げていけたりする。

私もね、
今こそ、クルマやバイクや自転車やと、
自分の軸を中心に、楽しんで書いてますが、
初めは、これがモノになるとは
予想すらしてなかったです。

だって、すごいサイト、いっぱいあるしね。
上をみれば、キリがないです。

それでもここまでやってこれたのは、
自分だけしか発信できないことを選んで、
楽しみながらやったからです。

軸って、育つもんなんですよ。
育つと、隣の軸と合体したりするし。

すると、また楽しくなる。
楽しくなると、記事もよくなる。
このスパイラルが回りはじめます。

そのようなイメージを持って、
サイト作りを考えてみましょう。

情報発信は、楽しいことなのです!

ではまた、ご質問ご意見は、
このメールに直接の返信で。
お待ちしております♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。